ちゅーたろう日々の奮闘
ペットなど飼ったことがないちゅーたろうの体験日誌。責任重大な子育て日誌!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新人くんは・・・・
昨日は久々の二人夜勤。
新人Mさんと二人、でもワタシが指導できる程のものでもなく、ちょっとこなれた新人と、初々しい新人のコンビだ。
そんな二人にトラブルがあったら何ができる・・・・できませんですよ!
ただ二人とも必死でその場をクリアしたと云うだけでぐったり疲れてました。



昨夜は、1時ごろから嘔吐(最初の嘔吐は撒き散らすがごとくあったようだ)と下痢の入居者さんの世話で二人で1時間はかかってしまった。

入居者さんは気の毒がって

悪いな~
今の時間は休憩中やろう
スマンな~



体調不良はその人のせいでもなんでもないんですが、普通に意識のある方は、気を使ってくださいます。

我々も、

それが仕事ですから!

とも思わないし、口に出すこともないですが、命に関わる仕事をしてる、という恐怖感はあります。
だから、必死になるのです・・・
上司に連絡をし、指示を受けて、担当病院の先生に連絡をし、その間も入居者さんの顔色を見ながら

大丈夫ですか?

と、何度も確認しながらもくもくと、今できることの処理をしていくのです。
現場の人間は全てそうかもしれないですね。

にもかかわらず、一人夜勤を義務付ける会社、またその方針を※われわれ日雇い社員に押し付ける幹部職員ども。


新人たちには、別の重圧ものしかかっているようで、夜の8、9、10、11時の終了時間が当たり前になってるらしく、彼らも思案中のようだ。


すぐに脱線してしまう、云いたいことありすぎなんで・・・(苦笑



汚れ物もそのままには出来ないので、撒き散らされた場所の掃除、衣服の洗い(しっかりした洗濯は、洗濯専門のおじさんがしてくれます)を済ませて、ホッとするまもなく次の巡回時簡になります。


今回は悪い日だったようです。

今度は大量便で、またまた二人で格闘です。



朝の引継ぎが終ったらドット疲れが押し寄せます。
ワタシは、


Mさんがいてくれてホントに助かりました、有難うございました(__)


と彼には心からお礼を言いましたが、彼からも同じような言葉が返ってきました。
彼は彼なりに考えて行動してくれたのが、本当に助かりました・・・・ストレスがたまらない人でした。

Mさん、お疲れ様でした。






1回目の巡回
決まりは21時からなのに、我々は20時前からスタート(時間が読めないので早めの行動です)。
終ったのが23時にちかくなってるし(涙

彼は2度目の夜勤だといっていたが、実際に現場の仕事は一週間ほどしか経験がない。
現場に不慣れなこともあり、時間がかかったことを詫びてくれたが、
なんの、なんの
メチャクチャ助かりましたよ。


2回目の巡回まで時間があったので、お茶タイムをしながら色々と話していくと・・・・
=通勤交通費の話=
どの交通機関を使えば一番安いのか、それが乗り換えに別の機関を使う為に10分歩こうがそちらを優先させて、あなたの交通費はこれだけですよ!となる。

これはワタシも実際、主任から電話が掛かってきて、最初は何を云ってるのか理解できなったが、
=どの交通機関を使おうとあんたの自由、しかし、定期代としては会社が見つけた一番安い交通機関の料金にするぞ!=
ということらしい。

Mさんは、自宅から2駅ほど乗って、乗り換えるために10分ほど歩いて違う交通機関を使って、2駅ほどで又乗り換えて・・・そうすると、彼いわく、確かにひと月1000円ちょっとは安くなるかもしれないけど、会社への不信感の方が勝ってしまいましたね!と。
こんなつまらない計算してる間に、他にすることあると思うけど。
サービス残業(オトコオンナ関係ないらしい)もほどほどにしないとそれが普通になったとき怖いですよね、とも。

また、
オーナー(同族会社のようです)
Y代表──会社A──ココの社員は土日祭日は休日となり、賞与もある
    └─会社B──ここの社員は休み関係なし、賞与なし、特別手当もなし、
              ボクはこちらなんです。


これを聞いて、昨日○×課長の話が納得できた次第です。

スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © ちゅーたろう日々の奮闘. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。