ちゅーたろう日々の奮闘
ペットなど飼ったことがないちゅーたろうの体験日誌。責任重大な子育て日誌!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケアマネの意欲が生かせる社会に

にある、「ケアマネ白書」持ってます。なかなかすすまないけど(涙



大阪ヘルパー連絡会

こんなとこもあります。

スポンサーサイト


会社との話し合い
木曜日○×課長との話し合い・・・


今後の仕事の形態についての事だった。

夜勤それも一人夜勤・・・これは体力、精神的にもむりなのでその場合は退職させていただきます。
仕事は好きであること、入居者さんとのコミュニケーションも取れつつあること、時間の配分も多少であるが出来るようになったことなどなどの報告。
あとは登録ヘルパーでこのまま続けるか(これは会社の判断です)
給与が減る
などの会社側の提案

どこで接点が合うかですね。



本社へは室長(今の勤務場所)と同行しました。


が、その日の夕方、入居者さんの一人が急変し救急搬送になった。
普通こんな場合、たかが入社2ヶ月のヘルパーに付き合って一緒にいるべきなのか、この会社の不思議を思う。


その入居者さんは、当日ワタシとゼロキュー社員(幹部候補の新入社員のことをさします)Tさんが夕食担当をした階で、居室配膳以外の皆さんの夕食もおわり、そのテーブルで、「サービス提供記録簿」を書いていたときにNC(ナースコール)を受けた。

居室に行くと、車椅子で前かがみになったUさんが、

しんどいからベッドに寝かせて

ベッドに移動させると、


頭がいたい!
シップを張り替えて
(ワタシがお昼に両足にシップを張っていたのですぐに理解できた。なかなか言葉が聞き取れない人が多いのでU野さんの場合も最初は何を言ってるのか理解できませんでした)!


顔が真っ青になっている。
シップを貼りながら、Tさんに上司に連絡をしてもらい(これは個人の携帯電話から上司の携帯へいれます)部屋に来てもらう。

難しいことは分からないし、判断する能力もワタシにはない。
危機を感じるにも、日頃その人を見ていないと、モトから白い顔なのかどうかも区別しにくい。

上司がくるまでに、血圧、体温を測っておく。それも場合によるが何度も計る場合もある。
また、気分が悪いと言う人を動かして良いのかも分からない。

新人Tさんは何をして良いか分からない。
2ヶ月と半月たったワタシでも、こんな危機が遭遇したことない。

ただ、色々と先輩から聞いていたことが多少とも余裕ははないが、今何をしてはいけない、しなくていけないこと、の判断が出来るようになったことである。ありがたい。

すこし時間も経過し、体温は普通、血圧も落ち着いたのでおむつ交換をする。
本人に確認したら便がでてるので交換して欲しいといわれたので。

そんなときはあまり動かせないので、私も必死だ。

Tさんには交換用のオムツをセットしてもらい(後ろ前がさかさまにセットされていて後で気がついたが、笑ってごまかした。Tさんの顔は引きつっていた)、便の処理も済み、我々のお仕事はこれで終った。

─ ─ ─

オムツが後ろ前になってることを幹部Sさんに伝えると

何どんくさいことしてんねん・・・・がありありと顔に出てた(別にどうってないが)

次にまた、違う幹部、Nリーダーに伝えると、笑いながら

良いですよ!

と。

─ ─ ─


上司の判断で救急搬送になり、結果入院と言うことになった。

普通、救急搬送(救急車で行くこと)だと、上司が行くものとおもっていたんですが、ウチの会社は、担当でもないヘルパーに、行ってくれと、なる。



先ず不思議なこと
(1)救急搬送にはスタッフヘルパーが行く
幹部職員よりも日頃の状況が分かってるからでしょうが、同行したヘルパーから病院からの連絡を受けていても、翌日の朝礼でも再度そのヘルパーが伝えてるにもかかわらず、
出来てなく、
結局のとこ、
そのヘルパーさんが仕事の合間(ぎっしり詰まっているから隙間などないのは室長&幹部職員が一番分かっている)に病院へ行っている。
何のための上司なのか幹部なのか、よーーーー分かりません。

(2)課長とワタシとの話し合いに同席する必要があるのか
前項の続き、普通、命に関わることを優先しませんか?
ワタシが余計なことを云う(確かに)のを防ぐための同席???
だとしたら、情けない室長です。
チッチャイのは身長だけだと可愛いのになあ~

(3)土日祭日の上司の休日
誰もいない日が続きます。

が・・・・課長にそのことを伝えると
ヤツは、
別に不都合はないし、へんでもないそうだ。


(4)救急搬送の手順
いつもの病院から週に2度(3度??)ぐらい診察に来られます。
声のでかい、態度もでかい、でも聴診器ないし・・・ええんかい?みたいな。

オカマみたいなひ弱な先生・・・優しいんでしょうが襲われたら(誰も襲いませんが)。
この先生のとき、点滴の注射針がなかなか入らず、何度もやって結局点滴ナシに・・・こんなんでいいんですか?
可哀相なのは痛い目にあった入居者さんです。
入退院を繰り返しています。


(5)最初の救急搬送事件
これはワタシの最初の事件である。
いつもは元気なKさん。
3回目の夜勤の時である。
二人夜勤でしっかりキッチリされる先輩なのでないも心配はなかった。
が、事故は起こるのである。

彼がトイレで車椅子から前にこけたのだ。
ブレーキが利いていなかったのかどうかは分からないが、もし私一人だと、彼を起こして車椅子には乗せることは出来ない。
マッサージの先生が彼を発見し、トイレからのNCで呼んでくれた。
駆けつけたときには頭から血が出ている。
男性3人(夜勤の先輩ヘルパー、マッサージの先生、雑用をされている住み込みのTさん)で車椅子に乗せてもらってるあいだに、ワタシは事務所にいく。
たまたま、Nリーダーがいてくれたので、彼女に救急搬送の手順を見せてもらう。

日本の救急病棟がいかにすごいかを、見せ付けられました。
と、同時に、ココと契約している病院との連携も見せてもらいました。

怖くて絶対に一人では出来ません。
受け入れ先が無いのです。

もし、打ち所が悪ければ、どうなる????

何軒もの病院に電話し、断わられ、やっと救急車が来ました。


先輩ヘルパーには、救急車に乗るほうを薦めれました。
なぜなら、残ってする仕事の方が大変だからです。
でも、まだ慣れてないこと、Kさんの日頃を知らないこともあり、残るほうを選びました。

先輩ヘルパーさんが帰ってくるまでの数時間は、心臓が口から出そうなくらい苦しかったです。
残っての仕事も必死でしたが、彼が帰ってきてくれて顔を見たときには涙が出そうなくらい安心しました。(今でもそのときのことを思うと泣きたくなります)


ですから、どんな場合も45~47人を一人ではみれません。

一人夜勤が会社の方針であれば、その前に伝えてください、その月から辞めさせていただきます。それまでは頑張りますので!

と、はっきりと伝えてきました。



(6)家の近所だから貴女行ってくれる?
これは、上司が平社員に言うことか?
これも、入居者さんが急変のため入院されましたが、ご家族の方の逆鱗に触れ怒り心頭されたときです。
家の近所の病院に搬送されたAさんの私物を持っていくこと。

たまたま彼女一人じゃなく、男性ヘルパーも同じ方向だということもあり一緒に行ってくれたのですが、

何でお前らやねん!
なんで、K(室長のこと)が来いひんのんじゃ~


と首根っこ掴まれたそうです。
聞いた話なのでココまでですがそのとき我が職場では

K室長は結納?
Nリーダーは映画に行きゃなきゃいけなかった?



ま、お二人とも大事な日であったのでしょう。


マッサージ
職場の人の紹介で、今週月曜日から昭和町クラモト整骨院に行っている。

腰ベルトが欲しかったことと、腰・肩・腕がそろそろ赤信号になりかけ。


整骨院は合う合わないがある。
でもここは合った。

通うにはちょっと遠いなあと、気にしてくださった院長先生。


月曜日の初診、火曜日にその確認、そして昨日の土曜日で3回目だ。


昨日は同じマンションのシンガポール人のママさんと一緒に行く。
彼女は、最近更年期かな?とか云いながら色々と話しかけてくる。

ワタシを60歳のオバちゃんとは思わなかったみたいで、又、TAROのことが大好きだと、おやつなど買ってきてくれる・・・たまにワタシにもおやつがある(笑


ママさんもクラモト整骨院が気に入ったようで、娘のリオンちゃん(6年生)と一緒に来たいと。
リオンちゃんはスケーター(?)で毎日レッスンに行ってる。
筋肉が硬くならないようにマッサージが必要らしい。
彼女はママさんがいない時など、遊びに来てくれる。
TAROにも嬉しいことだ。


でもママさん、院長先生に、マッサージもレッスンも同じだけしなきゃ・・・と言われてちょっとショックだったみたい。

パパさんもシンガポール人(?)
人のよさそうな家族のお友達が出来てよかったです。



黒門市場に
昨日はメガネの後は、じゃんじゃん横丁にメタボの不動産やのおっさんの行きつけのおすし屋さんで美味い魚が入ってるから宴会しよう・・と、云われてたのでそのおすし屋さんまでTAROと散歩がてらに。


ダイブ道も覚えてきたワタシです。
細い路地道から入っていくと・・・おおおおお、ラブホのかたまりが・・・そこを抜けると通天閣の下に来てホッと安心!!


おすし屋さんは相変わらず満員。
お店に入らず、店の前からオッサンを探すとまだ夕方の5時なのに出来上がってる。

お客さんも、

子犬ぐらいかまへんかまへん、タヌキ(オッサンのこと)もおるし、座って食べ!!

ハッハッハッハ



しかし、メガネをオーダーしてきたことだけ報告して、又自転車にのせて日本橋の電気街の裏道をスイスイと黒門市場目指して走る。
表は人が多いですからね。


黒門市場につくと若者ファッション系のお店からオネエーサンとオニイーサンがでてきてくれてTAROと遊んでくれました。

最初の数分は興奮してじゃれるのにそれが済むと我に返るというか、目新しいところを探すTARO(ちょっと恥ずかしいです、躾ができてない!!


でも、お姉さん達には

又来てね~、TARO♪


と云って頂きました、お世話になりましたm(__)m


久々にサマーカットしたTAROにご対面のIさんにも今日はしっかりじゃれてました(よかった良かった


Iさんと合流したら、TAROをマンションまで。


TAROにはおやつをあげて、我々は食事に。。。。





TARO トラックバック0 コメント0 page top


新しいメガネを
昨日から休み・・・といっても、今日日曜日は夜勤なんですが(^^;


昨日はいつもかけている遠近メガネの耳の部分(両方とも噛んでたし、いがんでるし・・・涙)をTAROにかじられ、最近では老眼のメガネだったからちょっと辛かったんで、以前教えてもらったキングメガネさん(通天閣の近所、浪速民商の会員さん)に行く。

晴れてるのに雨が。

TAROはMyチャーリーの前カゴに。
立ったり座ったりしながら難波から恵美須町まで。



キングメガネさん



なんと、きっちゃない店や!!


メガネはさすがに本職さんだし、フレームが非常に数が少ないけど気に入ったのが即見つかってオーダーしてきました。
フレーム25、000円位(多分それくらいだったかと)
レンズ、遠近両用で薄い色つき(色は金額に関係ないそうです)
乱視はありません。

キングメガネさん価格で20、000円を18、000円にしていただきました。
キングさん、有難うございます。

メタボのおじさん
TAROをみるなり引きつってました(苦笑





キングさん;犬・・怖いんです。噛みませんか??

わたし;噛みます!

キングさん;でしょう!どないしょう???



ま、犬を連れて行った私も悪いんですが、たまの休みはできるだけ一緒にいようと思ってるので、たいていどこにでも連れて行きたいので、今回も何の悩みもなく連れて行って・・・ハイ



検眼中は抱っこして

フレームを探してる時はワタシの横でおとなしく座ったり寝たりしてて・・時々お座りしなさい、と言うとちゃんと座るのをみて、


キングさん;すごいですなあ~


キングさんは、母親が介護度3で、5日間はディサービスが受けられるが今日はディサービスがないので5時には帰らないと・・と。

当初は、買い物に行くと、肉なら肉だけ、魚なら魚だけを・・これを4人分とか5人分とか一度に買ってきてお金は全部使ってこられたそうだ。

今はディサービスや、ヘルパーさんがいてくれるので助かってるけど、と。


TAROが一緒で癒されるのでは、怖がれてしまいましたが、出来上がったメガネを引き取りに行く時もTAROが一緒しますがお許しをば(^^





キチャない店でしたが、場所柄なのか、

ウチの自慢は鳳蘭とか草笛光子の妹・・・数人教えてもらったのですが、相変わらず俳優さんのことよく知らないので覚えてましぇ~ん・・・・さんとがきてくれたんですよ♪


キチャナイ理由は


バブル時期に地上げ屋が入って、店は1階、2階から取り壊しにはいられ、天井もトイレも店もクチャクチャ!今はトイレは使えないし・・・
裁判で地上げ屋と戦って移転することもなくここにいます。
今は違う、良い不動産屋さん(お店は賃貸なので)に変わったので助かってる。


で、ワタシが思うに、戦うことで疲れちゃって、お店を綺麗(掃除)にする元気もないのかも。
ワタシを今のマンションに紹介してくれた不動産屋のオッサンの店もキチャなかったけど、負けてませんでした(笑

知り合いになったご縁に、一日掃除に雇ってくれたら・・・・とは最近思わなくなってます。
ジブンチがまだ片付いてないので(涙・涙




TAROはサマーカットに
サマーカットしてきました。

アイル動物病院にも行ってきました。
フィラリアのお薬を頂に。
いまのところ、健康優良児です・・・

そしてヤツめは着実に育っています・・・・4.2Kgもありました。5Kgまでに押されたいところです。


新しいマンションにも慣れてきて、同じフロアのシンガポール人のご家族に可愛がってもらってるTARO。

しかし、朝が早いのが辛いです。






TARO トラックバック0 コメント0 page top


3階の人たち
3階は認知のきつい人が住んでいます。

でもここの階の人たちは、ホントに癒されます。


認知ではあっても、多少記憶が飛び飛びではあっても会話が出来ます。


食事準備をしていると


忙しいですね、大変ですね。


と、声をかけてくれたりします。


また、車椅子で移動中に、ワタシが後ろからパタパタと追いつくと


通れるか?


と、気にしてくれます。


買い物に同行したときに、
少しでも安いものを、
日付けが新しいものを、
とこちらが気をつけたり、
熱々のもは即食べてもらったりと、
普通に我々と同じ生活と変わらない事をするだけでも


ありがとう!


と云って頂けます。


狭い廊下を車椅子では2台並べないので、互いに譲り合って、ちゃんと待ったりされます。

普通でしょ!!!


ただ、たまに、たまにですが、意味不明なことはあります。

でも身内が来られた時の嬉しそうな表情は数日続きます。
ご家族の方、お身内の方のご訪問は、利用者さんの精神的なケアになり、我々スタッフには体力的、精神的な負担が軽くなります。



高齢者が働く場所って = Ⅱ =
今思うに、西成区、それもある人にいあわせると



そこは“メッカ”やないか


なんのメッカ・・・???



西成が全部そうではなく、たまたまその地域が、ドヤ街のメッカだったらしい。

西成に住んでる親戚がいるが、そこは区役所がある岸里。大差があるかどうかは良く分からない。

しかし、会社の近くは、一種独特のニオイがする。なんだろう???


またある人は


ここで働いたら、どこにでもいけまっせ!!

という、暖かい(?)励ましの言葉も貰った(^^;


木賃宿・・・一泊1500円とか1800円とか2000円が軒並みある。
「大浴場設備あり」とかも書かれていたりする。



そんな環境の中の会社・・・が、これからの私の職場である。









その木賃宿を改造し、高齢者独居マンションにし、そこに介護が必要な人を受け入れる。


また、ここではほとんどの人が生活保護者である。
会社のポリシーは、


今まで日本の経済を支えてこられた方、ご老人(ばかりではない、40代後半の方もおられます)が、ホームレスになって住む家もなく、日々の生活にも困窮されておられます。
そんな方のお役に立てるように、住む家があって生活できる環境を作り、社会復帰の支援をしようではありませんか!!・・・・


という、立派なものであります。


こんな情報もあります⇒ここです、凄いでしょう!(なにが?)
ここにもあります(毎月会社説明会をする・・・なんででしょうね!(苦笑))
ここにも
ここでは


しかしながら、今年は(以前のことは不明なので)新入社員がワタシの職場にも5人(嬉々としてここにチカラをいれる我らが主任さん)配属されるらしい。



そんな新人たちも、勤務表を見てビックリしてる。
聞いてなかった夜勤が早速にはいっている。
昼間からでしょう、常識的には・・・と言いたいけど幹部候補なんやから頑張りな!。


我らが主任さんはわすれっぽいのか、今日の予定はワタシは休日なのに、9時ちょっと前に電話が掛かってきましたよ。
ワタシの今日の予定は日程表(なんと16日からの予定が15日に出ましたから)を貰った時点で、そく抗議、いやいやお願いをして、

せめて6日勤務ではなく5日勤務にして、今回このままだと6日勤務になるので月曜日休み、火曜日出勤にしてほしいと・・・・それでご了解されたはずなんですが、と・・・・ハイ、ご了承していただきました。
ごり押しに近い!!(^^


朝の朝礼にワタシがでていないので、ビックリしてお電話されたのでしょ。


主任さま、お願いしますよ!!。


ここは、新卒は全員幹部候補です。
賞与・土日の休日があります。
我々には賞与はなく、正月手当てもないようで、なかなか同じ社員でも差がありますなあ。
歓迎会や社員イベントにも呼ばれません・・・今回は新入社員の歓迎会が焼肉パーティがあったみたいです。春にはお花見もあったらしい。
なんでスタッフを呼ばないんであれば、全部シークレットにしないんでしょうね、中途半端ですわ。

凄く肝心なことも、他のヘルパーさんに聞いた話ではありますが今まだ、未確認情報なのでまだここではいえないけど、色々ありそうな会社です(でもお仕事は楽しいですよ)。

ワタシはここで最初に日程表を見て驚いたこと・・・・主任・リーダーといわれる責任者が全員お休みだったんです。トラブルがあったらどうなるんでしょう、ね!!

我々下っ端には365日のシフトがあり、よく言えば、ウイークディの休みが取れますよ~♪てなもんです。如何ですか??



また、昨日土曜日はその上司の方二人と、下っ端ヘルパー3人が45人のお世話をさせていただきましたが、肝心な時に上司がいない・・・・ちゅうのは、もう、慣れました。

そこで、上司のケース(介護の場合のケースとは=ケース‐バイ‐ケース【case-by-case】のことなんでしょうか??ここでは、利用者さん担当ということです。)には下っ端の手が回らないのもありますが、応援できずに勤務時間が終ってしまう。

スタッフ間では暗黙の了解か、なんとなく応援されいる(ワタシがまだどんくさいからか結構助けてもらってる場合が多い)ので残ってしまう仕事はない。


他の介護の事業所はスタッフ間が怖いらしい。





それで思い出したこと。

最初に登録した事業所(半官半民)
ここでは所長のお気に入りにならないと、お仕事が回らないらしい。


いびつな環境で一度だけ経験したワタシは、あまり気にしなかったが、それが鬱とかの要因になるやも。ワタシはどちらかというと、はっきりしてる(友人評)性格なので大丈夫だそうな、ハイ、多分大丈夫です。



高齢者が働く場所って
今の会社には、ハローワークから探して、採用された職場だ。
ハローワークでも云われたが


年齢的に仕事は限られますね~


これは多分、求人採用の会社の代弁だろう。

今の会社でも最初は年齢ではパスしていた。
ただし、介護2級資格というのがきいたようで、それで面接にたどり着いた。

面接の場所・・・・会社の周り、会社の中で待ってる間、黙って帰ろうかと思うぐらい暗いイメージ。

想像してもないことだった。



やっとの更新
いかにヘルパーの仕事がしんどいか・・・・夜中に背中や腰が痛くて目が覚める。
こんなこと今までなかったこと。

先週の金曜日は、毎日のケース表(その日の利用者さんの担当と何のお仕事なのかが書いてある)の作成間違いで、ワタシはスケジュール表では出勤、ケース表では休み・・・・

疲れも溜まると、TAROの散歩にも影響してきて、ヤツもストレスが溜まっているみたいです。
そこで、このまま休みにして帰して欲しいと、要望。
難なく許可されて、家に帰る。

そのままパタンキューで、お昼まで寝てしまった。
お昼からは、


浪速区に引っ越して、住民票移転は完了していたが、
国民健康保険の手続きは移転後のことらしく、役所からの通知も届いていたのでそれを持って区役所へ。

TAROも一緒に。
ヤツは移転届けの時も一緒に行ったが、結構おとなしい。
うろうろしない、吼えない・・・人が多すぎて環境にビックリしてるのかもしれない。


その後は、散歩が出来てなかったので、黒門市場に会社がある友人Iさんのところまで、テクテクと。

よく歩いてくれるTAROです。

TAROは帰ってから、ちょっと長めのお昼寝を。

ワタシは、桜橋交差点の温泉に。
岩盤浴に始めていきましたが、都市にあるからかやっぱり高い・・・涙。
マッサージを1時間つけたからからですが・・・涙涙

でもでも、身体は楽になった・・・・・んですが、翌日の朝だけで翌翌日は、いつもと同じく疲れて出勤しました。

一日かい!!







Copyright © ちゅーたろう日々の奮闘. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。