ちゅーたろう日々の奮闘
ペットなど飼ったことがないちゅーたろうの体験日誌。責任重大な子育て日誌!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


食欲が・・・・
先週土曜日は、いつもお世話になっているトンさんと食事に。

家を出てから財布にお金がないのに気づき、家のそばの郵便局へ・・・・カードも通帳もない(汗
銀行のカードもない(汗

先々週はマッサージの予約日を完全に曜日間違い、でドタキャンしてしまった。
曜日とか約束の日程の勘違いは一年に一回はするミスだけど、財布のお金はたまにある。
約束の場所にトンさんの姿が見えないから、帰ろうと振り向いたらトンさんが・・・

お世話になりました。

食事の後は金魚へ久々に。


※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※

日曜日、ヘルパー仲間でも信頼してるお二人さんと食事に。
この日は時間を間違えてた。私の中では7時だったのが6時。
仕事は4時上がりが、最後の人が大変で4時半回っていた。
急いで帰って、TAROの散歩、シャワーの段取りが、シャワー無しで行く。
臭いぞ~って云いながら(情けない

合流場所はスクランブル交差点のところ
日曜日、6時、もともと人ごみの多い交差点
まして斜め反対側にいる二人がなかなか見つけられなくて、しかし、二人には私が交差点の中でキョロキョロしてるのが見え、

こっちや、こっち!見えるか~!!!

と、携帯を振って教えてくれたてらしいが(笑

私が見えるんだったら、右、左、どっち!!

と私も携帯でしゃべる・・怪しいオバサンしてた。

3人で入ったお店もなかなかよかった・・・美味しい&リーズナブルでした。
最後の締めはご飯だよ、と、痩せてる二人がご飯を食べ、太ってる一人は
いいの!私は!

と。

食べへんからふとんねんよ!!!

悔しかったら食べんでも肉つけてみ~!!!

悪態つきながらのサンババ。


しかし、彼女達はすばらしい先輩で、最初の勤務先の先輩達とよく似ている。
新しい情報を持っていたり、創意工夫(オムツなどは習うより慣れろで、人それぞれ違うから)で、色々とアドバイスを受ける。
15人いる同僚で、我が身を任せられる(もし私がヘルパーさんに来てほしいと願うならば、だが)のはこの二人と後3人かな?

食事後はカラオケに


※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※

月曜日
知り合いのブティック(お店はおしゃれじゃないけど中身がおしゃれ)でバーゲンだったので、友人Iさんと待ち合わせていく。Iさんも良いのがあったようでしっかりゲット。
私は、パンツ(ズボン)がいつもサイズなくて涙涙が今回は3本もあった。
普通に購入すると1万は軽く越す・・・・ここでは、4250円でした(安心でしょ!)

帰りは、心斎橋でお寿司の予定が、めちゃくちゃ並んでる、店の外まで。
話声からしてチュウコクジンぽかった。それも団体で。彼らは遠慮なく大きな声、並ぶんじゃなくめちゃくちゃ、隣の店も迷惑でしょうな、かわいそうに。

で、そこは辞めて、飲茶の店で美味しい定食を食べることに。
ここもお勧めの店


※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※ ※ ─ ※



外でご飯を食べると結構食べれるのに、家だと
ソーメン&サラダ
みたいになってしまう。

朝も食べなきゃ、と無理しても結果少量なので仕事中は、休憩のたびに何か食べるようにしてる、パンだったり、バナナだったり・・・

今年の夏を乗り切れば、ヘルパー2回目の夏になる。
休みも多く取ってるから・・・・・


スポンサーサイト


簡単すぎちゃうん?・・・・鶏の梅酒煮
赤旗新聞の簡単料理

その中でも超簡単なのをたまにして、一回目はだいたいその通りにして、2回目からは自分の味付けにして・・・

今日の梅酒煮は2回目で成功!!


鶏肉には塩コショウしますが、スーパーですでに塩コショウされていると時間もたってることもあり、手抜きもできて良いかと、そっちをつかいました。

浅めの鍋に梅酒適当(どばっどばっではなく、そこに溜まるぐらい)+砂糖少々(使い古しの蜂蜜でも可)〔砂糖無しでもいいと思う〕
沸騰させて、味つきの鶏肉を最初は強火で、落し蓋をして弱火にし、梅酒がなくなるまでらしいですが、私は少し残るぐらいにして火を止める。


付け合せは、アスパラを鶏の量にあわせて1束か2束(私は2束)を塩茹でしただけ。


両方とも熱々でも冷えてもおいしかったです。


梅酒に水を加える・・・が、もともと書いてあった方法ですが、鶏も自分で塩コショウしたり(時間をかけてない分味が染み込んでなかったのか)、水の量が多かったのか、まずくはなかったんですが、水無しのほうが私向きでした。





TAROめ、旨いにおいがすると、料理してる私の足元にうずくまったり、ちょっと離れてみてたり、時々悲しそうに要求したりして待ってます。
鶏肉は大好きなので、味つきでも良いか(ほんとは良くないですが)って、小さめの鶏をあげると喜んで食べてます。
様子見で、もどさないか、下痢しないか見てますが大丈夫なようです。
頑丈にできております。





トマト鍋・・マンゲイラ
うつぼ公園のそばにある<トマト鍋 マンゲイラ>と言う店に取引先でもあり諸々の友人でもありといメンバー5人で行く。

マンゲイラ
あまりよくわからない・・・!


トマト鍋
オネエサンが作ってくれます。
トマト鍋・・・・
エスニックでもなければどこかの国の料理でもなく、ここオリジナルの料理とのことでした。

今回は店の中が暗く、携帯では厳しかった(涙

マンゲイラ料理1
トマト鍋には、アッサリ味のレモン味、辛~いのご所望の方には6段階の最高の辛いのにはどくろマークが貼ってあり、それは喉に来るそうな。

私は一口ずつみんなの挑戦してる辛さのお皿から味見していました。

マンゲイラ料理2

飲み物も最初は生っしょ!!
とか云いながら、2杯目からはみんな別々にオーダーを。

トマト鍋は、最初に肉野菜がたっぷりで、それを食べ終わると、追加で鶏つくね(つなぎなしの特製鶏ミンチ)とチョリソー(スパイシーソーセージ)を。

最後にヌードル(天然水使用きねうちラーメン)を食べ終わってからリゾット(麦飯とチーズで最後に・・・)を頂きました。

一品は辛くなった口のなかを和らげる?にはちょうど良かったようです。
最後まで親切に色々説明していただき、有難うございました。


一人頭、4~5千ってとこでした。
美味しかった!!!




Copyright © ちゅーたろう日々の奮闘. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。